友人同士のお金の貸し借り

友人同士のお金の貸し借り

お金の貸し借りはとてもシビアで入り込みにくい問題だと思います。
実際、少額ではありますが友人に貸したことがあります。
そのお金は返ってくることはありませんでした。
それを「かえして」とはとても言いにくいのです。

 

時間が経てば経つほど尚更言いにくくなり、その人に対して不信感をもつようになります。
また、私が貸した金額というのが少額で1000円ほどだったのです。そのお金を返却してもらうように請求するのはケチくさいのではないかなど考えてしまい結局なにも言いことなく終わっていきました。

 

お金を貸しても返ってくると思わないほうがいい。あげる覚悟で渡さなければならないなと思いました。
逆に自分は友人にはお金は借りないと決めました。やむをえず、借りた時は必ず数日の間に返すと誓いました。
貸し借りは借りた人がしっかりしていれば問題ないのですが、もし忘れてしまうと、貸した人はずっと覚えているものなので、最悪の場合その二人の関係が壊れる可能性があるものだと思います。

 

友人同士のお金の貸し借り関連ページ

ネットショッピングにはまり借金する同僚
ネットショッピングにはまり借金する同僚がいます。ネットショッピングは便利だけど、お金を支払うという感覚があまりなく、気がついたら高額になることも結構ありますよね。ネットで買い物をする時はきちんと金銭感覚をもって行動しましょう。